内藤昭男(くりおた内藤さん)

内藤昭男(くりおた内藤さん)の自己紹介
「どうも、こんにちは、フリーブロガー兼ヲタク活動中ブロガーの内藤さん、基本呼名は、内藤さん・あーさん・あーちゃん先輩と呼ばれています!、少々ですが、くりおた内藤さんのことを覚えてください、宜しくお願いします!」
くりおた内藤オフィシャルブログに、ご訪問ありがとうございます、頑張って毎日更新中、ブログ読者登録お願いします、それが、幸いの願いでございます、是非見てください!
(おまけ!)内藤さんのとっておきの「ギャグ&ダジャレ」(あーちゃん先輩時代作ったの時あり)
「あ

記事一覧(513)

第3期レディース麻雀グランプリ前期リーグ戦 予選3回戦4回戦振り返る

3大会連続前期リーグ戦優勝目指す古谷初のレディース麻雀グランプリリーグ戦制覇へ、亜樹そして、昨シーズン後期リーグ戦優勝、前期リーグ戦くら替え参戦和泉と、言った、第3期レディース麻雀グランプリ前期リーグ戦予選3回戦4回戦を振り返った予選2回戦終了した時点のポイント大亀291 童瞳221 古谷90 東城64 亜樹-55 和泉-101 吾妻-210 黒沢-310(小数点は、省略)予選3回戦は、童瞳 東城 和泉 黒沢の戦い起家スタートの童瞳、連勝し、暫定首位へ、行きたい、だが、この一戦、童瞳、痛い😣放銃で、幕開けするさて、ここでは、二転三転、主役が、変わる内容、抜け出したのは、東城、南場で、確変、南2局、和泉リードの中、東城は、苦戦、童瞳、和泉テンパイ、そして、東城が、親テン、下手すれば、ダブロン放銃覚悟、そして、東城は、童瞳のアンカンも、活用しながらのツモ、2600オールで、トップに、立つ、そして、ここから、予想外展開に、発展、まさかの和泉、ラス目落ち、そして、戦いは、南3局、和泉、挽回のチャンスを、無駄に、まさかの和泉は、倍満放銃のアクシデント、そして、オーラスへ、黒沢は、ひと上がりすれば、2着内確実、だが、まさか想定しない、黒沢痛恨のミス放銃、また、この対局大勝ちの東城は、暫定のトータル首位へ、躍り出た、リードしていた和泉は、まさかの箱下ラス目、クライマックスリーグ戦赤信号に話は、予選4回戦、大亀 古谷 亜樹 吾妻の戦いへ起家古谷良いスタート、勝って、トータル暫定首位東城に、どこまで、食らいつくか、たが、大亀は、元気いっぱい、でも、最初の親番被る、しかしながら、めったにない所は、決める、東3局、20004000、東4局30006000とそれぞれのツモ決めるこれは、80000越えあるのかなしかし、甘かった大亀の南2局、すんなりと被るまあ、それでも、見事逃げ切り連勝し、上位内キープ4回戦終了時点のトータルポイント東城685 大亀586 童瞳236 古谷216 吾妻-305 亜樹-381 黒沢-441 和泉-6065回戦と6回戦は、予選ラスト5回戦は、東城 古谷 吾妻 和泉、ここは、マイナスポイントの吾妻と和泉、クライマックスリーグ戦へ、明暗か6回戦は、大亀 童瞳 亜樹 黒沢、開幕戦と第2戦勝った2人、待望の対決さて、次回は、見れたらいいなぁです(来月CSチューナー替えます)

第15回女流モンド杯 予選ステージ終了 ベスト8メンバー確定

昨日の放送にて第15回女流モンド杯の予選対局が、全て終了終わって観れば水瀬夏が、何と、100%連で、予選トップで、飛び級の決勝を内定する一幕、水瀬夏同様条件ながら、2位通過は、2シーズンぶり参戦を推薦枠で、生かす、和泉、3位通過は、準決勝で、勝てば決勝の大島、4位通過に、悲願のファイナリストへ、池沢、5位通過は、女流モンドで、遂に、屈辱返上か?、和久津、6位通過で、石井、まだ、条件付きだが、決勝ある、7位通過亜樹、プラスポイントは、1桁、決勝は、赤信号、8位通過黒沢は、唯一のマイナス、残って次回出場権獲っただけでも、面白くない、奇跡の決勝狙う9位と終わった、高宮、マイナス100なかったら、少々の奇跡が、10位日向、チャレンジマッチは、下剋上戦へ、11位の魚谷、チャレンジマッチ枠は、高宮との同卓避けたい、高宮と別卓希望、それぞれの枠で勝つ!、最下位茅森、悪い結果は、チャレンジマッチで、出すそんな訳で準決勝卓は、2367 1458戦和泉 大島 石井 亜樹歴代優勝者3名と2代目女流モンド新人王大島の下剋上戦、見物水瀬夏 池沢 和久津 黒沢恐らくは、池沢と和久津の決勝最後枠かけた戦い、水瀬夏または、黒沢勝っても、事情の展開準決勝卓は、スペシャル解説者に、現モンド王座のあの人が、登場する!来週の展望で、言いますんで!早く来い来い、火曜日だ

女流桜花B・Cリーグ 今期最終結果

夢のスタジオ対局Aリーグ昇級かけた最後の戦いのBリーグ優勝し、入れ替え戦プレーオフ勝てば、即Aリーグ飛び級のCリーグ連盟女流プロの未来が、変わるまずは、Bリーグ入れ替えプレーオフラインだった5位安田プロが、追い上げで、逆転優勝、逆転女流桜花Aリーグ昇級となり、第10期以来の復帰に、首位だった中野プロは、2位、中山プロは、3位変わらずも、両者は、来期女流桜花Aリーグ初昇級、元女流桜花の吾妻なプロは、4位で、約1年で、女流桜花Aリーグ復帰、しかし、女流桜花Aリーグ復帰できなかったのは、黒沢プロ、和久津プロ、黒沢プロは、15位で、女流Bリーグ残留、和久津プロは、悲劇、24位で、女流Cリーグ降級の屈辱、なんと言っても、御二人は、鳳凰位戦Aリーガーなのよまた、入れ替えプレーオフラインの波乱、藤井プロが、5位、北條プロが、6位となり、入れ替えプレーオフ戦進出暫定昇級ラインの山脇プロは、9位、暫定プレーオフラインの波奈プロは、8位と悔しいBリーグ残留、残りの結果は、連盟公式サイト等でCリーグは、この人が、美し過ぎる女流リーガーは?森プロが、逃げ切り優勝で、女流Bリーグ昇級と入れ替えプレーオフ戦進出、また、小谷プロ、井上プロ、小島プロ、早川プロら、6名が、同昇級、暫定だった、小宮山プロ、楠原プロ昇級ならず、また、女流桜花初参戦の岡田紗佳プロは、序盤よかったが、最終結果は、36位、美し過ぎる女流プロの戦いは、これからだ女流桜花Aリーグは、年末まで続くさあ、新シーズン、待ちきれない